スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシュガル旅行 目次

06 13, 2012
<準備編>
カシュガル旅行の予約
カシュガル旅のスケジュール
現地の手配

<旅行記>
1日目 成田から北京経由、ウルムチへ
2日目 ウルムチからカシュガルへ タクラマカン砂漠
3日目 カシュガルからタシュクルガンへ カラコルムハイウェイ
4日目 タシュクルガンからカシュガルへ
5日目 カシュガル観光と日曜バザール、ウルムチへ
6日目 ウルムチから北京経由で帰国

<帰国後>
カシュガルから帰りました
スポンサーサイト

カシュガルから帰りました

06 12, 2012
昨日カシュガルから帰りました。羽田着のフライトが少し遅れて、終電。
ふー。今日から仕事。サラリーマンは辛いなぁ。。。

今回の旅行で印象的だったのは、カラコルムハイウェイ上の景色。タシュクルガンの人々のエキゾチックな顔立ち。そして素敵なツアーメイト、ジャネットとの出会い。同じく旅好きの彼女に出会ってすごくインスパイアされました。

旅行記はちょっとずつupする予定。

6日目 ウルムチから北京経由で帰国

06 11, 2012
2012年6月11日

7:30ロビー集合。軽く二日酔い。ジャネットとタクシーをシェアして空港へ。
彼女のフライトは私よりも30分ほど早い、上海行き。私は10:10の中国国際航空便。kashgar 81
たったの5日間しか会っていなかったけど、おかげですごく楽しい旅になった。笑ったのは、お互い同行者が誰か知らなった時に、「アメリカ人の中年男性に違いない」と全く同じことを思っていたこと。そうだよね、女子一人旅は少ないからね。彼女を見ていて、私も海外で働いてみたいなー、帰ったら履歴書書いてみようかなー、なんて思ったりして。少なくとも中国語はやってみようと思った。それに、まだまだ世界は広いし行きたい場所はたくさんあるんだと再確認できた。私のいろんなツボを刺激してくれ、この感謝の気持ちは言葉では言い表せないし、そもそもうまく伝えられるほど口達者じゃないし。涙のお別れ。

ジャネットと別れていつもの一人旅に戻る。ウルムチから北京への便。機内食が出た。国内線でもちゃんと出るのが感心、感心。味は私の料理の方がおいしいレベル。
kashgar 82
このごつごつした大地ともお別れ。ちょっとさみしい。
kashgar 83
フライトは1時間くらい遅れて到着。北京ではもともと乗継4時間もあったから、あわよくば街へ、と思っていたけど止めた。

空港内でWi-Fiを探したら、IDとパスワードを発行してくれるマシーンがあった。パスポートをスキャンさせると発行されるらしい。もちろん無料。ネットしながら遅めのランチを食べて、気づくともうボーディング。
kashgar 80

北京から羽田へ。窓側の席を頼んだのに、窓側と言えども窓のない窓側だったから、クルーに言って替えてもらった。おかげで羽がちゃんと見えた。今回の旅ではナロウ・ボディばっかりだったから、今度はワイドに乗りたいなぁ、と思いつつ。
kashgar 84

羽田行の飛行機なのに、意外と機内食が質素。しかもこれ、どこかの区間で食べたような・・・!?
kashgar 85
羽田に着いたら22時。入国して荷物受け取って、22:40過ぎの電車で家へ。付いたら午前様だった。ぐったり・・・。明日はまだ火曜日なんだよね・・・。

5日目 カシュガル観光と日曜バザール、そしてウルムチへ

06 10, 2012
2012年6月10日

泣いても笑ってもカシュガル最終日。7:30起きで支度して、8:30にカラコルムカフェに行ったけど、9時からみたいでまだ閉まっていた。外でもWi-Fiつながったので、外で待つこと30分。

今日はミューズリーにフルーツとヨーグルトを乗せたもの。それとコーヒー。本当にここは中国の奥地なのだろうか。これで40RMB。
kashgar 53

今日も10時にロビー集合。市内観光と、カシュガルのmust seeの日曜バザール、アニマルバザールに行く予定。
まずは職人街。下町っぽくていい感じの通り。
kashgar 54

kashgar 55

kashgar 56
旅行者向けの?グッズを売っていたりもする。
kashgar 57
アニマル・バザールは郊外でやっているらしい。走ること30分弱。来るわ来るわ、牛や羊や山羊を乗せたトラックが。ロバも売られている。牛コーナー、羊コーナー、という風にセクションが分かれてて、どこもかしこも動物だらけ。
kashgar 60
はさみでヤギの毛刈り?
kashgar 61
曳かれてゆく母牛。健気にくっついていく仔牛。
kashgar 64
このヤギ、すごく様になってる・・・。
kashgar 65
ジャネットは子ヤギに、私はロバにくぎ付け。ロバってどんくさそうだけど優しそうだし、体力あるし、忍耐強いし、けなげ。この辺りでは車代わりに一家に一ロバというぐらい、ロバは必需品のよう。ちなみに私が値段を聞いた1頭は31000RMBだそう。35,000円位。まずい、買えちゃうじゃん・・・。ジャネットは子ヤギと上海のマンションの27階で暮らすことを検討してるみたい。
kashgar 62
エキサイティングなアニマルバザールの後は、香妃のお墓。浅田次郎の小説に出てたなぁ。知ってる名前が本当に実在するものだったと実感した時ってちょっと感動。
kashgar 66
今日の目玉はもちろん日曜バザール。スパイスからドライフルーツ、衣料品、お土産、台所用品などありとあらゆるものが売られている。私はドライフルーツ屋で、レーズン黒、レーズン白、アンズ、アーモンドを0.5kgずつ購入。それで合計100RMB。安い。
kashgar 68
ジャネットはスカーフ屋で、とてもカラフルなスカーフを150RMBから60RMBに値切ってた。姉さん、さすがです。ジャネットが買わないなら私が買おうかと思うくらいかわいいスカーフだった。
kashgar 69
そのあと、オールドタウンへ。車がビュンビュン走ってる街中とは違ってとても静かな雰囲気。
kashgar 70

kashgar 71

ここにもロバ車が。
kashgar 72
オールドタウンの散策を終えたころ、旅行会社の社長のMr.イマムから連絡があり、これから全員でチャイハネに行くことになった。この旅行のアレンジについてメールでやり取りしていた人。ジャネットもしかり。
チャイハネは今ではカシュガルに1軒しかないそう。主に男性の社交場で、ここで世間話が繰り広げられる。
kashgar 73
kashgar 74

Wi-Fiの入るチャイハネをもっと作ったらいいのにー、とイマムに言ったら、実は検討しているとのこと。さすが!!商売上手!!サフランティーとナンをごちそうになった。

イマムと別れて我々は空港へ。17:20分のフライト。ジャネットとは同じ便。ドライバーとガイドさんとお別れし、チェックインして、セキュリティーでふとVictrinoxをキャリーオンバゲージに入れてたことを思い出した。没収は嫌だったので、再度カウンターに行くと、箱を買ってラップしろとのこと。専用のコーナーがあるらしい。おじさんにナイフを差し出すと、ご丁寧に厚紙にくるみ、防水のビニールにくるみ、それを箱に入れて、こんなのができた。大袈裟~、でもこれがプロの仕事なんだよね。ちょっと感動。
kashgar 79
帰りは中国南方航空の便。B757だった。
kashgar 75

1時間半ほどのフライトだけど、またもパンとジュースのサービス。ココナツジュースがあって、これが本当にココナツミルクで、美味しかった。
空港からホテルまではタクシーで40RMB。メーターを立てようとしない運転手に、ジャネットが中国語で応戦していた。中国に住むと強くなるらしい。

Super 8 Hotelは、コストパフォーマンス大。
kashgar 77
シャワーブースがちゃんとあって感動。
kashgar 78

ウイグルでのラストナイトを記念して、ジャネットと待ち合わせて近くのウイグル料理を食べに行った。またもウイグルの赤ワインをオーダー。このレストラン、ダンスバーでもあったようで踊りながらワインを飲むうちに一人で1本空けてた。明日が思いやられるが、帰るだけだからいっか。

4日目 タシュクルガンからカシュガルへ

06 09, 2012
2012年6月9日

昨晩21時から9時まで、12時間も寝た。厚着して寝たら寒さは気にならず、暑くて起きたくらい。
集合は10時(北京時間)。ローカルタイムは8時。前の日、ガイドが「朝ごはんは10時からだ」と言っていたので、10時までは何もすることもなく、近所を散策。
タシュクルガンは本当に山間の小さな町で、ホテルは中心部にあるものの、周りの景色はこんな感じ。
kashgar 40

10時にホテルに戻ると、ホテルにはレストランがないので外に食べに行くと言う。ジャネットも一緒にガイドに付いて、近くの食堂へ。朝からスパイシーな野菜炒めwith羊肉と、蒸しパン(肉まんの外側みたいな感じ)。味はなかなか良かった。

カシュガルに戻る前に、近くにある古い城跡を観光するという。城跡よりも、そこから広がるのどかな景色にくぎ付け。いいなぁ、こういうところに1週間くらい滞在したら生まれ変われそう。ゲルから立ち上る煙がいい。朝ごはんの支度してるんだろうなぁ。草原に家畜たちがのんびりしている様子もいい。
kashgar 41
水車があった。飾り物なのかもしれないけど。
kashgar 48
草原で挨拶しているロバさんたち。
kashgar 44
羊&ヤギ追いの少年。
kashgar 49

kashgar 50
ジャネットと。
kashgar 43
一路カシュガルへ。もちろんまたカラコルムハイウェイ。
kashgar 46
標高オーバー3000メートルなので、外は寒い。昨日も通ったはずなのに、きっと寝ていたのでしょう。雪が積もった山々の景色は今日初めて見た。
kashgar 47
途中、検問でUKからの自転車乗りのグループが。パキスタンからカラコルムハイウェイを自転車で飛ばしているそうな。カラコルムハイウェイのパキスタン側はとても危ないと思っていただけに拍子抜け。なんだ、行けるんじゃん。

17時にカシュガル着。ホテルは初日と同じ、チニバクホテル。夜ジャネットとカフェで落ち合う約束をして、モスク近くのショッピングセンターに行ってみた。スカーフとか、ドレスとか、布とか、とてもきらびやかなテキスタイルがメイン。地下はスーパーになっていて、会社で食べる用のチョコパイみたいなのと(トルコ製の輸入品)、気になったローカルスイーツを買ってみた。チョコ味のクリームサンドみたいなスイーツだったのだけど、残念ながらお味はかなりひどく、チョコなんて石鹸の味しかしない。飲み下すことなくお別れ。

カラコルムカフェでジャネットに会い、ニューヨークチーズケーキとアイスコーヒーをオーダー。カシュガルにもこんなハイソな食べ物が登場するとは。お味もなかなか。
kashgar 51
明日のウルムチのホテルをジャネットと同じSuper 8というチェーン系ホテルで予約。3000円位。ジャネットが教えてくれたのだけど、中国にもexpediaみたいな予約サイトがあって、eLongと言うのだけど、かなり使える。予約だけして支払いはホテルで。次回中国に行くときはこれだな。

20時過ぎに二人でEdenという、カシュガルでは割と高級なレストランへ。私はラグメンを。ジャネットは、数日間肉を食べていなかったから肉に飢えている、ということで肉メインのプレートを。さすが欧米人・・・。
kashgar 52

このレストランにはアルコール類は一切ないそうで、物足りない私たちはまたカラコルムカフェに戻り、ウイグル産の、かなり癖のある赤ワインを飲みながら閉店23時ごろまで今までの旅行話と、これからの旅行話と、理想の男性像について熱く(!?)トーク。
ジャネットは今日はEURO2012のドイツVSポルトガルが深夜3時からあるから起きてるのだそうだ。
プロフィール

たきぱん

Author:たきぱん
旅行大好き!飛行機代好き!
憧れだった旅行業界に入社してはや10年。今はビザ担当。日々のビザ取り日記と今までの旅行記、行ってみたいところ、大好きな飛行機の話など、旅行にまつわるエトセトラ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ポカラの旅行情報
ポカラの旅行情報>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。