FC2ブログ

Live ATC

01 29, 2011
I-Phoneのアプリで、Live ATCを見つけた。ATCとは、Air Traffic Controlの略で、管制塔と飛行機のやり取りを聞ける。ATCのウェブサイトがあるのは知ってたけど、アプリまであるとは!!315円、有料だったけど迷わずインストール。
atc 004


メインはアメリカの空港。アメリカ以外の国も50か国ほどあって、日本も入っているけど登録されているのは羽田だけ。成田はなし。しかも羽田もオフラインになっていることが多く、聞けるのはごくたまに。

会話はどこの空港でも基本的に英語。羽田でも英語を使用だけど、こちらは日本人の英語なので比較的聞き取りやすいかと思いきや、専門用語が多いので意外と難しい。でも会話のパターンに慣れさえすれば、この飛行機は今どういう状態なのか、ということが分かってきて面白い。これを聞きながら空港のサイトで発着状況を見ていると本当に面白い。日本が夜の時はアメリカは朝なので、「Good Morning!」なんて言ってるのがライブらしくていい。

ちなみに、飛行機はコールサイン+便名で呼ばれる。JALだとJapan Air○○便、ANAだとAll Nippon○○便、という風に。海外のエアラインでも基本その航空会社の名前どおりのコールサインが多いけど、全く異なるコールサインを持つ航空会社も存在する。
ブリティッシュ・エアウェイズ・・・Speed Bird
南アフリカ航空・・・Springbok(南部アフリカに生息するオリックスのような羚羊類です)
中華航空・・・Dynasty など。しばらくははまりそうな予感。

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 空港

エミレーツ航空 機内食試食

12 07, 2010
エミレーツ航空さんご招待の見学ツアーにて、いよいよ機内食試食です。成田空港近くのケータリング会社のオフィス内にて、参加者8名+エミレーツ航空の営業担当Hさんに、ビジネスクラスの機内食が振舞われました
EK視察 088

EK視察 082
メニュー。Hさんの手作りだそう。ホントはもっとちゃんとしてるからびっくりしないでねー、とのこと。
和・洋のチョイスがあり、洋食は前菜から2品、メインから3品の選択ができました。ちなみにメインは、ラム、チキン、ニョッキだったのですが、私は前菜にサーモンを、メインはチキンを選択。
EK視察 093
先ほどのおねぇさんがセットしていたカトラリー。機内で使うものとは思えないほど、キラキラ磨かれて高級感に溢れています。
EK視察 095
前菜は「サーモンタルタルとエビのマリネ」と「季節のサラダ」。この後パンが山盛りでサーブされたのですが、これがまた美味!パンと前菜だけで結構おなかいっぱいになります。
EK視察 097
いよいよメイン。「グリルド・チキンのトマトとバジルソース掛け」です。前菜とパンですでに5割方おなかいっぱいです。でもおいしい!当然ですがファミレスなどとは全く比べ物にならず。マッシュポテトがクリーミーでおいしかったです。一人一人に付いている塩・胡椒の入れ物もかわいいですね!
EK視察 100
メインの後は、次々と現れるデザートたち。まずはチーズの盛り合わせ。ワインが進む、進む。
EK視察 102
ケーキ盛り合わせ。これ全部1人分です。
EK視察 104
フルーツ盛り合わせ。これで最後、ですよね!?もうおなか15分目です。先ほど工場見学したばかりで、あんな真摯に作業に取り組まれる姿を見た後では完食しないと申し訳なくて・・・。でも、すごくおいしかったし、ワインも赤白両方堪能したし。仕事なのにこんないい思いしていいのかしら?

ちなみに、ほかの人が選択した和食はこんな感じ。これはまだメインが載っていない状態。和食のメインですが、笹に包まれた鰈の西京焼きでとってもおいしそうだったのですが、自分が食べることに夢中でシャッターチャンスをのがしてしましました
EK視察 091

食べながら、エミレーツ航空やドバイの近況をプレゼン頂きました。それによると、将来的にエミレーツは保有機材の半数をA380にして、専用ターミナル(現在建設中)で運用していくらしいです。
またドバイに関しては、アブダビとの間に、「ドバイ・ワールド・セントラル」というすごい名前の大空港が建設されつつあるらしいのですが、なんと平行滑走路が6本もあるそうですすでに一部の貨物機はこちらを利用中とのことで、まだ正式には決まっていないのですがエミレーツ航空もいずれこちらに移るのでは、とのお話。

ドバイ・ショックからまだ冷めていないのかと思いきや、どこにそんな底力が!?ドバイ恐るべし。
この後成田空港に戻り、ラウンジの見学へ移ります。
0 CommentsPosted in 空港

エミレーツ 機内食工場見学

12 07, 2010
先日、エミレーツ航空さんのご招待で機内食工場見学&試食&ラウンジ見学&B777-300ERの機内見学に参加してきました旅行会社勤務でよかった~と心から思いました。

参加は、各旅行会社から1名ずつ合計8人+エミレーツ航空の営業担当Hさん。
機内食工場は、成田空港から車で10分ほど離れたコスモ・エンタープライズ社を訪問。イスラム教ということは、豚肉は多分NGなんだろーなぁ、アルコールはあるのかなぁ、なんて軽く考えていましたが、訪問してみてビックリ

まず、提供される食材が全てハラル食品なのです。ハラル食品とはイスラムの戒律に基づいて許可されている食品のことで、肉ならムスリムの手で徹底的に血抜きされたもの、更にハラル食品を食べて育った牛なりラムなりである、などなど。しかも、普段我々が食べている一般食材と混ざらないように、ハラル専用キッチンまであるんです!!
EK視察 032
ハラルキッチンへの入り口です。エアシャワーを通らないと入れません。

包丁、まな板、お皿、その他キッチン器具もハラル専用で緑色で色分けされていて、一般食品用と混ざらないようになっています。というのは、穢れた一般食品を切った包丁でハラル食品を切るわけにはいかない!という考えからだそうです。なんと言う徹底ぶり・・・ハラルキッチンで使用するアイテムには下の写真のように全てHARALの文字とグリーンカラーが施されています。
EK視察 038

こちらは機内食用お皿の収納。写真を貼って中身を分かりやすく。片づけ上手!このお皿、飛行機が東京‐ドバイを往復する間に、乗客の数が往路・復路で異なるため、個数管理が大変だそうです。ドバイの本社に送ってと言ってもなかなか来なかったりするらしく。
EK視察 057
こちらは盛り付け完成図。誰が盛り付けても同じスタンダードを保てるように、こういうものがあるそうです。細かいことまでよーく考えられていてホント素晴らしいと思いました
EK視察 051

もちろん清潔さ・食の安全へのこだわりも徹底的で、床は埃が舞わないよう粘着テープ並みにペトペトくっつく床。台車やカートも上げ底で、床から舞う埃が付かないよう工夫されています。食材の入っているダンボールや袋を開封する際に破片が混ざらないよう、開梱室まであります。従業員の手がちゃんと洗われているか抜き打ち検査があったり、出来た機内食は全て金属探知機にまでかけられます。
機上で何かあったら病院に直ぐ行けないだけに気を使っているとのお話でしたが、本当に頭が下がる思いでした
EK視察 060
こちらは、ナプキンを折るお姉さん。こういうのもすべて手作業なんですねぇ
EK視察 061
こちらは、ナイフやスプーンを梱包するお姉さんたち。ちなみにエミレーツでは高級感を損なわないように、プラスチック製は使わないポリシーだそう。ステンレスでキラキラ輝くナイフとフォーク。
EK視察 067
こういったプロセスを経てようやく機内へ積み込まれます。11月26日の成田発の機内食。

工場見学の後は、待ちに待った機内食試食です。
0 CommentsPosted in 空港

羽田空港の展望デッキ

11 11, 2010
羽田空港の国際線ターミナル、展望デッキ。この人ごみ。うわー、見事に隙間なくフェンスが埋まってる
hnd11.jpg
人を掻き分けて私もフェンスに張り付いたのですが、うーん、滑走路思ったより遠い・・・。少なくとも国内線第1、第2ターミナル展望デッキから滑走路を見るよりは遠い。新設されたD滑走路なんてほとんど見えないから、期待して行っただけにちょっと拍子抜け

気を取り直し、第2ターミナルに行ってみた。すると、フェンスが改良されているではないですか!!現時点ではD滑走路に近い方のデッキだけだけど、近い将来デッキ全部このフェンスにしてくれるとうれしいなぁ!

今までのフェンスはこちら。ごく一般的な格子のフェンスです。所々に穴が開いていて、カメラのレンズを突っ込めるようになっています。
hnd20.jpg

今回新しくなったフェンスはこちら。横のワイヤーしかなく、カメラの動きは自由自在。視界を邪魔されることもないから、快適です。
hnd19.jpg

じつはこのフェンス、某航空カメラマンさん達が、皆が楽しい空港を目指してフェンスの改良プロジェクトとして広く署名を集め、空港に提出したおかげ。もう2年くらい前だったけど、私も署名に参加しました。それが目に見えるカタチでフィードバックされたのかとおもうと、うれしい絶対こっちのフェンスの方がいいもんね。

そういえば国際線ターミナルのデッキ、新設の割には従来のフェンスだったよなぁ。なんでだろう??
0 CommentsPosted in 空港

羽田空港に行ってきました

11 09, 2010
オープンして間もない羽田空港国際線ターミナルに行ってきました~。

品川から京浜急行を利用したのですが、door to doorでたったの40分。近!近いけど電車代は往復で1300円位。空港アクセスはどこも高いのが難点だけど。
京浜急行・羽田空港国際線ターミナル駅。
hnd1.jpg
モニタースクリーンに表示される、海外の地名が新鮮です。
hnd2.jpg
早速話題の江戸小路へ。ずらっと並ぶちょうちんがお出迎え。記念撮影したくなる気持ち、分かります。
hnd3.jpg
11月3日の祝日ということもあって、人・人・人・・・!!お昼時ということもあり、レストランはどこも長蛇の列、小路も真っ直ぐ歩くのが難しいほどの混み具合。
hnd5.jpg
江戸っぽい看板のお店がいい味出してる!!外国人喜びそうですね。横文字だって、このとおり。イタリアX日本の調和。
hnd7.jpg
こちらはフレンチX日本の調和。アートです。
hnd8.jpg

この雰囲気、一度味わってみる価値はありますね。

人ごみに疲れ、チェックインフロアに戻ってみたらさっきより人が増えてる~。エスカレーターで上がっていく人たちは、江戸子路へ行く人たち、そして下の長い列が・・・。
hnd13.jpg

なんとイミグレーションの列!!イミグレでこんなに混んでるなんて!?しかも昼間って国際線は数本しかないよね!?1月に深夜便を利用するときも、こんなに混むんでしょーか?せっかくオンラインチェックインしても、イミグレで並ばなきゃいけないなんてナンセンス。なんとか改善して欲しいものです。
hnd12.jpg
1 CommentsPosted in 空港
プロフィール

たきぱん

Author:たきぱん
旅行大好き!飛行機代好き!
憧れだった旅行業界に入社してはや10年。今はビザ担当。日々のビザ取り日記と今までの旅行記、行ってみたいところ、大好きな飛行機の話など、旅行にまつわるエトセトラ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ポカラの旅行情報
ポカラの旅行情報>