FC2ブログ

インド&スリランカ旅行 目次

10 10, 2011
ようやく旅行記完成!スリランカはこれで4回目だけども、インドと組み合わせたことによって!?魅力倍増でした。また行きたい!

<準備編>
9月のインド&スリランカ チケット購入
シンガのトランジットホテルを予約
デリーのホテルを予約
デリーからコロンボ行のチケット
コロンボのホテル
インドの列車を予約
インドビザ取得

<旅行記>
1日目 出発。まずはシンガポールへ
2日目 シンガポールでランチ後、デリーへ
3日目 前半 デリー市内観光
3日目 後半 デリー市内観光
4日目 前半 タージマハール観光
4日目 後半 タージマハール観光
5日目 デリーからコロンボへ
6日目 コロンボから南西海岸へ
7日目 ウナワトゥナ滞在
8日目 コロンボに戻る
9日目 コロンボ最終日
10日目 コロンボから帰国
スポンサーサイト



10日目 コロンボから帰国

09 25, 2011
2011年9月25日(日)

フライトはオンタイムで出発。コロンボからシンガポール行きは割と空いていた。A330型機だから、2-4-2の座席配置で、窓側だった私の横には誰も来なかったので、4時間未満の短いフライトと言えどゆっくり休むことができた。
お腹いっぱいだけどつい食べてしまう機内食。久々に「ヌードル」と聞いて中国4000年麺ロード文化を伝え聞く日本人としての血が騒ぎ、迷わずヌードルをオーダー。一口だけ、もう一口だけ、と思いつつほぼ完食。
DSCF5568.jpg
お腹いっぱいになりウトウトし始めた矢先にシンガポールに到着。乗り継ぎ時間はもともとギリギリの1時間半ほどなので、チャンギではショッピングの時間はなく、洗面・歯磨きだけしてすぐにゲートへ。成田への機材はA380。成田の後はロサンゼルスまで飛んでいく、働き者。
DSCF5569.jpg
デイタイムのフライトなので、眠くなることもなく、機内食と映画を満喫してフライトを楽しんだ。
DSCF5572.jpg
機内食は例によって日本食をチョイス。ソバと焼き魚が食べたくてしょうがなかった。
DSCF5570.jpg
スリランカのご飯美味しい美味しい、これがなきゃ生きていけないぐらいの勢いで惚れ込んでたのに、麺と焼き魚がたった10日間で恋しくなるなんて。日本人のDNAのなせる業だなんてくだらないこと考えているうちに成田着。

今回の旅行も楽しかった。スリランカの魅力を再発見できたのが良かった。インドと比べたから引き立ったのかもしれないけど。

9日目 コロンボ最終日

09 24, 2011
2011年9月24日(土)

最終日。フライトは日付が変わって25日の1時過ぎなので、今晩空港に向かうことになる。ヒルトンチェックイン時に、「何時ごろチェックアウトしますか?」と聞かれたので、「レイトチェックアウトを考え中、18時ごろまでだと割増いくら?」と聞いたところ、なんと18時までタダで延長してくれた!!さすが、ヒルトン!!
最終日なのにハウスキーピングに入ってくれたり、アメニティで足りないものはないか、聞きに回ってくれたり、サービスは至れり尽くせり。

残念なのはWi-Fi。なんと1時間当たり250ルピーほど課金されるのだ。初日のCasa Colomboはフリーだったし、ウナワトゥナのホテルはロビーでしか使えなかったけどこちらもフリーだったのに、天下のヒルトンで有料とは。微々たるお金だけど、しょっちゅうメールをチェックしたりする人にはなんだかんだで1000円以上かかっちゃうから、もったいないよね。

朝ごはんは、昨日スーパーでとうとう買ってしまった、カード1瓶。ガロンのアイスクリーム独り占めして食べるのと同じ幸せを味わった。もちろん朝だけじゃ食べきれなかったので、お昼も、おやつにも、ちょこちょこ食べてた。幸せだった。
DSCF5539.jpg

DSCF5542.jpg
午後、一度行ってみたいと思っていたペター地区に足を延ばしてみた。ペター地区は、コロンボの下町。東京で言う浅草当たりか?コロンボ・フォート駅前から広がるエリア。道が狭いし、車や自転車、通行人が行きかうし、両脇がお店という喧噪のエリア。お店と言っても地元の人が買うような一般生活グッズがメインなので、お土産さがしには向かない。スーツケースなどの鞄屋さんが多かったのは駅前だからか!?
DSCF5552.jpg
空港まで1時間くらいで着けちゃうから、レイトチェックアウトしても時間は持て余し気味。チェックアウトした後は初めてODELに行ってみた。ODELは有名な高級デパート。お土産を始め、オシャレな雑貨屋洋服売り場などがある。ついつい、ブラウスがかわいかったので購入してしまった。後お父さんへのお土産に、ハリネズミのイラストが入ったTシャツを。去年は同じブランドのゾウのTシャツだった。進歩してないな・・・。ブラウスとTシャツの2点で1200円位。キャミ付きでこの値段は安いでしょ。
DSCF5575.jpg
そして去年も買ったのだけど、「バナ」というお坊さんの説教が入ったCD。これがまたいい味出してるのよ。暗がりで聞くとすごく良さそう。こちらは200円位。
DSCF5580.jpg
ODELの後はSさんとディナー。最後に何が食べたいかと聞かれ、カレー&ライスとアーッパをリクエスト。ローカルなレストランで夕食。ご飯食べるたびに、スリランカ好きって思う。
また、ずらっと並ぶおかず。
DSCF5563.jpg
ご飯をお皿の中心に盛り付け、その周りにおかずたちを配置。そして右手で混ぜながら食べていく。手がしばらくカレー臭くなるのが残念だけど、ライス&カレーは絶対こうやって食べるのがおいしいと思う。
DSCF5565.jpg
空港に行ったら、Sさんの友達のNさん(最初空港に迎えに来てくれた人)の婚約者のお兄さんも今日フライトだとかで、みんなで見送りに来ていたのとばったり会った。世の中狭ーい!!みんなで立ち話しした後、気持ちよく送り出してもらって、またまたウルルン気分でゲートへ。

スリランカって、本当に人がみんな優しいから、また戻ってきたくなる。食べ物もおいしいんだけど、ここの人たちの優しさに触れるたびに心が洗われる。だから何度も来ちゃうんだよね。

8日目 コロンボに戻る

09 23, 2011
2011年9月23日(金)

7時起き。部屋でキリテー飲んで海を見ながらテラスでのんびり。極楽だ。
8時に朝ごはん。またカードとケトルハニー。これ日本でも発売しないかなぁ?

今日はコロンボに戻り、ショッピング三昧の予定。Sさんの友達のKさんに車を借り、Sさんがドライブしてくれる予定。9時過ぎにKさんが来て予定通り出発。コロンボまで4時間ほどのドライブ。

途中スーパーによって、お土産用のスナックやら、自分用のヘアオイルやら、その他もろもろを購入。
こちらは噂のケトルハニーと、ヘアオイル。ケトルハニーはヨーグルトにかけて食べてみよう。ヘアオイルは、長年愛用している椿油が切れたら使ってみる予定。スリランカン・ガールズの髪って、漆黒でツヤと質量があってとってもきれいなんだもん。ココナッツフレーバーなのも楽しみ。お風呂上りが楽しみになりそう。
DSCF5518.jpg
会社へのお土産・ムルック。いろんな種類があって迷うけど、どれも70~100円程度。下段の一番左端は、チリ。辛いの好きな友達にあげようと思って。スーパーのチリコーナーが充実していて面白かった。
DSCF5521.jpg
それからFashion Bugという洋服屋さんでスカートとワンピースを購入し、大満足。今年はシーズンエンドだけど来年活躍してくれることでしょう。ワンピースはスカーフ(上の黒いの)とパンツ付。パンツはサテン生地でちょっとちゃっちいから、レギンスで代用する予定。ワンピースは2000円弱。
DSCF5512.jpg
花柄ロングスカート!!これは500円位。お土産にと思って買ったのだけど、来年自分で穿いてそうな気がする(汗)
DSCF5513.jpg


今日の宿はヒルトン・コロンボ。考えてみたらヒルトン泊まるの人生初かも。部屋もサービスもさすがのクオリティ。
Hilton_Colombo.jpg
アメニティまでブランドで揃えられてる。
DSCF5505.jpg
窓からの景色。噴水が中庭にあるなんてー。そのすぐ裏手は海だし。
DSCF5530.jpg
外から見上げるとこんな感じ。
DSCF5529.jpg

夕方、別館にあるスポーツセンターに行ってみた。スカッシュコートが1面あって、30分だけもくもく練習。ラケットはレンタルできるけど、シューズはこのためにわざわざ日本から持ってきたのだ(一番かさばってた)。今までえ食べた分をここで燃焼、30分では無理か。

動いたらすごく空腹になった。晩ごはんは最後にちゃんとしたレストランに行くか、それとも大好きなローカル食にするか迷ったのだけど、ローカル食に軍配。近くの食堂でテイクアウトすることに。
大好きなアーッパを作っているところ。アーッパは、ココナッツミルク入りのクレープ生地みたいなの。手鍋に生地を薄く流し入れて焼く、お椀型の食べ物。縁はカリっとして底はモチッとして、ココナッツミルクの甘さが何とも言えず、とっても美味。これも日本に進出しないかなー。1枚10ルピーくらい。軽く10枚は食べられそう。
DSCF5535.jpg

DSCF5537.jpg
こちらはコットゥ・ロティを作っているところ。これも私の好物の一つ。きし麺みたいな生地を細かく切って、野菜などの具と炒めたもの。食感と味がとってもおいしいのです。
DSCF5536.jpg
デザートとしてプリンのシロップ漬けみたいなのを購入。
DSCF5543.jpg
中身はかなりグロテスクだけど、目をつむって食べてみて!味はコックリしてとてもおいしいから!
DSCF5545.jpg
ショッピングセンターにあるスーパーでワインまで買って部屋飲み。チープだけど好きな物に囲まれて、旅行最後の夜を満喫。

7日目 ウナワトゥナ滞在

09 22, 2011
2011年9月22日(木)

6時過ぎに起きた。波の音、そして窓からはこの風景!!
DSCF5375.jpg
もし毎日起きてこの景色が目の前に広がってるんだったら、早起きはかどるだろうなぁ。

朝ごはんの前にビーチを散策してみた。まさにイメージ通りのリゾート。ウナワトゥナ、すっかり気に入ってしまった。
DSCF5379.jpg
朝ごはんはパンとかフルーツが出たのだけど、最後にカード(水牛のミルクで作ったヨーグルト)のケトルハニー(普通の蜂蜜じゃないみたいなんだけど、不明。メープルシロップと蜂蜜の中間みたいな感じ)がけがでて、これがとってもおいしかった。
DSCF5387.jpg
朝ごはんの後、ヨガ&瞑想のクラスに行ってみることに。ちょうどヨガのクラスをやっていた。先生と生徒のマンツーマン。今日はスカートだったので、ヨガのクラスはパス。瞑想(座ってるだけでしょ!?)ならやってもいいかなと思ったのだけど、あいにく今日はヨガのレッスンで終わりだそうで、スゴスゴ帰宅。
DSCF5390.jpg
午前中はブラブラ、町の散策。こんな田舎の町なの!!沖縄の離島みたいな雰囲気。でも一応リゾートなので、欧米人も多いのだけど。
DSCF5388.jpg
ウナワトゥナにも鉄道の駅があるので、せっかくだから乗れなかった列車体験をしてみようと思い、駅に行ってみた。時刻表は黒板にチョークで書かれていて、ウナワトゥナ駅からの便は1日に数本程度しかなかった。運よく10分後に到着のマータラ行きの列車があったので、これに乗車してみることに。
DSCF5398.jpg
1駅だけ乗車。運賃はわずか10ルピー。安!!昨日のバスといい、公共の乗り物の運賃がめちゃくちゃ安い。いいことだ。この固い切符も、懐かしい感じ。
DSCF5397.jpg
列車がやってきました!!高まるテンション。ここからカメラ、連写モード。
DSCF5405.jpg
乗車してみると車内もローカル。ドア、開きっぱなしなんだけど、大丈夫?
DSCF5431.jpg
わずか10分ほどの乗車でお隣の駅に到着。誰も転げ落ちなくてよかったよ。
DSCF5456.jpg
去っていく電車。あー、もっと乗ってたかった。
DSCF5465.jpg
電車を降りた小学生たち。線路伝いに帰っていくなんて、スタンドバイミーの世界。
DSCF5469.jpg
放し飼いの牛が線路を渡っていくし。なんてローカル。こんな田舎暮らしに憧れる。
DSCF5471.jpg
列車を降りた隣の駅からウナワトゥナまでは、もちろん帰る列車はもうないので、トゥクトゥクで帰った。トゥクトゥクは200ルピー。電車の値段の実に20倍。

ホテルに帰って遅めのランチ。Sさんはライス&カレー。
DSCF5485.jpg
私は紅茶にミルクを入れた、キリテーと、朝食べた水牛ヨーグルトに再トライ。
DSCF5489.jpg
ケトルハニーをかける前のカード。純白でとってもおいしそうなのです。思い出すだけでよだれが。
DSCF5491.jpg
この日はとても暑く、列車乗るために出歩いただけでぐったりしたので、ランチ以降はずっと部屋でゴロゴロ。ビーチに行く気もなく、寝たり起きたりして。夜お腹空いてきた頃にまた町にでて、食堂で軽食をテイクアウトして食べながら就寝。こりゃ太るな。いや、すでに太ったな。でもいいか、バケーションなんだし。
プロフィール

たきぱん

Author:たきぱん
旅行大好き!飛行機代好き!
憧れだった旅行業界に入社してはや10年。今はビザ担当。日々のビザ取り日記と今までの旅行記、行ってみたいところ、大好きな飛行機の話など、旅行にまつわるエトセトラ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ポカラの旅行情報
ポカラの旅行情報>